これはどっち?リサイクル出来る物と出来ない物

日本でリサイクルが始まったのはいつ?

資源と言えばコレ!

アナタは「資源」と言う言葉から何をイメージしますか?古紙や新聞紙、ダンボールと紙類を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?確かにこれらは資源、または再利用されるケースが多く、材料である木材の消費を抑えるのでエコに繋がります。
ちなみに紙類の材料である木材は外国から輸入、あるいは材木に向かない物を使っていますので、これらの消費を抑えれば抑える程地球環境に貢献している事になります。
回収された紙類は製紙工場へ運ばれて、再利用されます。ダンボールは同じくダンボール、雑誌や新聞紙は絵本や印刷用紙に、紙パックはトイレットペーパーやティッシュペーパーになります。一度利用された紙の約80%は何らかの方法でリサイクルされています。

家電製品やパソコンもリサイクルOK

実は電化製品やパソコン、スマートフォンといったデジタルデバイスもリサイクル可能な製品です。これらの機材にはリサイクルマークという物がついていて、処分する時にこのマークが付いていると家電量販店などを無料で引き取ってくれます。
これらの製品は鉄・銅・アルミに金と言った多くの資源が使われているので、再度回収して新製品に組み込んでいます。有限な資源だからこそ大切に使っていきたいものです。
また家電によってはオゾン層を破壊する可能性があるフロンも一緒に回収して、適切な処理をしています。
これらの情報から製品をリサイクルする事は、地球にもとても優しい事が分かります。自治体にリサイクル依頼する方法もありますが、専門業者へ依頼する方法もあります。


このPostをシェアする